脱毛総合リサーチ情報 正解は医療脱毛
脱毛総合リサーチ情報 正解は医療脱毛

医療脱毛の費用 医療控除の対象外

脇 脱毛

美容皮膚科などで受けられる医療脱毛は、数十万円から百数十万円程度の費用がかかる非常に高額なメニューとなっています。このため、医療脱毛をしようかどうか迷っている人の中には、医療控除を適用できるかどうかについて気になる人は大変多いです。控除が適用されれば、その年に他に支出した医療費次第では還付申告ができるかもしれないからです。

しかし、医療脱毛については、原則として医療控除の対象外と考えたほうが良いです。その理由は簡単で、脱毛は一般的に美容目的で行うものとみなされているためです。医療控除は、1年の中で病気や怪我を治療するために支払った費用を対象とし、一定の金額までを上限にその費用を所得から控除できるというものであるため、脱毛はたとえ医療機関で行うものであったとしても控除の対象からは外れます。

ただし、完全に対象外となっているわけではなく、病気や怪我の治療の一環として脱毛をしたということを証明できれば、医療脱毛でかかった費用も控除できる可能性があります。例えば、多毛症の診断を受けた人が、異常に体毛が増えた状態を改善するために美容皮膚科で脱毛の施術を受けた場合は、多毛症の治療の一環と認められて医療控除が適用できる可能性があります。実際に控除できるかどうかは税務当局の判断で決まるので、医療機関で脱毛をした多毛症の患者は一度税理士事務所や税務署に相談しましょう。